2014年7月24日木曜日

From Laos

日本が痛くて只今ラオス。同じゲストハウスに滞在する日本人の旅行者から日本でもDebitCardが手に入るという情報を入手。三菱東京UFJ銀行ではもうサービスを停止したらしいが(3ヶ月後に再開を確認。)楽天銀行スルガ銀行ではまだ提供しているらしい。何もタイまではるばるDebitCard入手の為だけに行く必要は無いんだな。

気絶するほど痛くても日本から逃げない人は凄いと思う。でも真似出来ない。つたない瞑想ではとてもじゃないけど耐えられない。堪え性が無いと言われても仕方ない。逃げてばかりの人生だけれども、これらかも逃げるんじゃないか。

皆が健康で長生き出来ます様に、と海外で出会った日本人に飯山さんのブログを紹介しているけれども反応が芳しくない。「小保方さんがあんなに無理して秘密を守っているんだから僕らが邪魔しちゃ悪い」とか、唖然とする程権力側の反応をする人もいて、紹介すること自体が間違っているんじゃないかと考えさせられたり。何も知らずに日本で生活していたという人も多くて、日本の深刻な状態を知ってショックで口がきけなくなってしまう程の人もいた。アメリカ人の彼氏と結婚する、日本にはもう戻らない、と言う人もいた。日本を出られない人も多いけれども、多くのお金持ちが既に海外へ出て海外生活を謳歌しているとかで、日本を出る能力があるにも関わらず出ていない人が多いのは驚異的なほど。無責任と言えば無責任だけれども、沢山の人に日本の危険を知らせて「世界中を日本人で埋める」つもりで海外へ出て活躍して頂きたい。今思えば、留学後日本で就職出来ないのは、日本から追い出して海外で就職させる為の配慮だったのかとすら思う。日本企業はそんなに親切じゃなかったでしょうか。

乳酸菌エキスは簡単に作れるとは限らないらしく、ねずみが走り回る&雨漏りで家全体が腐って来ている我が家では乳酸菌エキス作りが非常に困難だったりする。PHがなかなか下がらない、下がっても強烈な酢っぱい匂いばかりで乳酸菌が繁殖しているのかどうか分からない。ただの酢では?という疑問があったりなかったり。他に作ってくれる人を探しているけれども身近な人が誰もその気になってくれない。

8/24追記……私が作っている訳では無いので良く分からないけれども、普通に市販されている玄米だと蓬龍宝 を30%以上混ぜてもなかなかPhが下がらず、 40℃の20日間程度でPhが食酢同様に成りながら、何故か数日後には腐敗臭が漂って来るらしい。無農薬の表示があっても開封すると強烈な農薬臭を漂わせるお米もあるが、ぽんぽこ商店の無農薬玄米で試して貰ったら蓬龍宝をそれ程混ぜなくても腐敗しない、と母が感動している。種菌として蓬龍宝をやたらに入れるのも不経済だし初めからぽんぽこ商店で玄米を購入すれば良かったね、と言っている。ラオスでは粗塩もにがりも売っていないので日本から送って貰うことにした。玄米も無くて自分で突いたけれども細長いお米が本当に簡単に折れてしまうので大変だった。自分で突いた玄米は全て数日で全滅、衛生的にパッキングされている白米でも試したけれどもやはり時間を掛けながら全て腐敗してしまった。農薬の臭いはしないので多分衛生上の問題だと思うけれども乳酸菌エキス作りは正直に言って難しい。

海外に出るとどれだけ激しく日本人が周りの空気に従順か、おっとりしていて人を信用し過ぎるかが分かる気もする。日本のマスコミも脅しに近い情報を流している気がするけれども。例えば「子供に夢を託すな」というRECRUITの宣伝とか、子供下ろしにでは?と思う「お金下ろしに行かなくちゃ」というLAWSONとか、韓国での沈没事件も日本から急いで逃げなければ死にますよ、という脅しに見え、それらを眺めながら日本に居られる理由がよく分からない。ただ、いくら危険でも出られない人も多いので、知りたくない人に伝えるのは酷な気もする。乳酸菌エキス作りだけなら誰にでも教えたいけれども、危険情報も同時に見えてしまうから飯山さんのブログを教えるにも勇気が要る。

実はラオスもかなり痛い。それでも日本よりはマシな気がする。いつまでどこまで逃げられるのか分からないけれども、能力が許す限り精一杯逃げるつもり。今までの人生と同じく。それで良いのか悪いのか、分からなくてもやれることを今やるだけ、そんな感じ。

0 件のコメント:

コメントを投稿